背が高すぎるセネガル人

次の記事へrep_2017_2_30_2.htmlrep_2017_2_30_2.htmlshapeimage_1_link_0
記事メニューへreport.htmlreport.htmlshapeimage_2_link_0

セネガル 西野真理 

保健医療コンサルタント

 

今回セネガルの保健医療の事後評価調査を担当し、タンバクンダ、ケドゥグという、僻地に行ってきた。

セネガル人は女性も男性も背が高い人が多い。すらりと手足も長く、バスケットボールの選手みたいだ。

フランス語圏なので、ローカルのチャムさんに通訳についてもらった。

このチャムさんは、とても背が高い。立ち話をしていると、いつも見上げなくてはならないので、首が痛くなるほど。(冗談抜きで)

一度などは、サイトに着いたので、セダンから降りた時は、彼が助手席から降りて、私がすぐ後ろの後部座席から降りた。そして、チャムさんはきょろきょろ辺りを見回している。何を探しているのか聞いたら、びっくりした顔をして、私を探していたと言う。見えないのだ。

明日、地方へ巡業という時に、ダカールからタンバクンダへの出発時間を打合せていて、8:00にするか7:30にするか悩んでいると彼に伝えたところ、大差ないとのこと。日本人的感覚では30分違うことは、結構違うと思ったが、まあ、こちらの人の感覚はそんなもんかなと思っていた。

ある日、チャムさんに身長は2メートルあるでしょ?と質問したところ、「ノー、ノー、ノー。」と勢い良く否定する。「オンリー198cm。」とのこと。爆笑した。「いいよ、2メートルで大丈夫だよ。変わらないよ。」と伝えても、納得しない。198cmにこだわっている。2cm違うことは大きな差のようだ。

おおらかなのか、細かいのか、面白いものだ。

セネガルの仲間たち

右から2番目が背の高いチャムさん、左が運転手さん、左から2番目がモウサさん

悪路を進む

地方は穴だらけの未舗装道路が多い。車も人間もタフでないと

牛の移動