トルコ ギレスン A to Z

Coğrafi İşaret Tescil Belgesi

地理的表示

小村浩二

次の記事へhttp://web.me.com/unknown-account/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88/rep_2015_8_1.htmlhttp://web.me.com/unknown-account/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88/rep_2015_8_1.htmlshapeimage_1_link_0
 

ギレスン県は、東部黒海地域6県の内のひとつである。東経37度50分〜39度12分、北緯40度7分〜41度8分に位置し、面積6,934平方キロメートルである。北は黒海に面し、東から時計回りにトラブゾン県、ギュムシュハネ県、エルジンジャン県、シヴァス県、オルドゥ県と5県に囲まれている。

ギレスン県を地形でみると3つに区分できる。黒海に面する沿岸部は、南北に刻まれる山や谷で平地の少ない起伏に富んだ地形をなす。そして、沿岸から50〜60キロメートル内陸には、海岸線と平行して平均標高2,000メートルの山々が連なり、山岳地帯を形成する。三千メートルを超える山が点在し、最高峰はアブダル・ムサ峰(Abdal Musa Tepesi)の3,331メートルである。標高1,750〜2,200メートルには、ヤイラ(Yayla:高原地帯)が点在する。さらに、この山岳地帯から東西に流れるケルキット川(Kelkit Çayı)の河谷に向かって傾斜する標高1,000〜1,500メートルの内陸部となる。

この地形区分ごとに気象もそれぞれ特徴を持っている。もちろん植生も異なってくる。沿岸部は降雨量に恵まれヘイゼルナッツの産地を形成し、高原地帯は夏冷涼な気候で草地が広がり放牧地となる。そして、内陸部は乾いた大地にムギなど穀類生産が主となる。また、昼夜の寒暖差が大きい内陸部は果物、野菜など、他産地と比較して甘みが増すとされる。県農業局では、果物の産地化を目指した取り組みを行っている。

トルコは、EU加盟を目指しているだけに地理的表示(Coğrafi İşaret Tescil Belgesi)の保護に積極的である。地理的表示は、「ある商品の品質や評価が、その地理的原産地に由来する場合に、その商品の原産地を特定する表示」である。地域開発、地域興しの手段として、活用できたらおもしろい。1995年制定の法律に基づき、トルコ特許庁(Türk Patent Enstitüsü)は、これまでに179件を承認している。

ギレスン県でも1件承認されている。それは、もちろんヘイゼルナッツである。2001年、“GİRESUN TOMBUL FINDIĞI”として承認登録された。

第2のヘイゼルナッツ、地理的表示を獲得できる特産品の発掘が待たれる。


戻る

 

ギレスン県農業局の報告書によると、2013年の農家数は85,000である。ヘイゼルナッツ生産農家は80,000を数える。また、ÇKSに登録している農家数は76,000とされる。この他、畜産、養蜂、茶業、漁業の数値が並ぶ。

ギレスン県の農業支援に取り組むにあたり詳細なデータが欲しくなった。まずは数値である。農家の男女別、年齢別構成、専業か兼業か、といった統計数値である。手に入りませんでした。

全体数を把握しているのだからその内訳くらいすぐに出てきそうなものなのに不思議である。理由は、農家だからといって農業によって生計を立てているわけではないというのである。では、専業と兼業がごちゃ混ぜということ?否、そもそも我が国のような農家の定義、分類はありませんでした。

極論すれば自己申告、自分は農業をしているから農家である。

ヘイゼルナッツ生産農家数(県人口の約2割)、この人たちはもちろんヘイゼルナッツの収入だけで生計を維持しているわけではない。町に出て会社勤めなどしている。この場合、我々の常識からすると、職業は?と聞かれたら会社員と答える。しかし、ここでは農業という回答もあり得るのである。同僚(れっきとした公務員である)の中にも農家が存在する。

これも時として面倒なときがある。自然災害による農産物への被害が出た場合、政府から補助金が支給されるとしよう。十分な農外所得のある農家は補助の対象から外される。では、どのように対処するか。職に就かず、実質農業に従事している母親もしくは妻を農家として登録し直すのである。

ヘイゼルナッツを主要作目として、自宅周辺に切り開いた猫の額ほどの畑で野菜類を栽培するのが、ギレスンの小規模農家である。ギレスンの沿岸部を見渡せば誰もが納得するだろう。しかし、その実態はほんとうに農家と言えるのだろうか。

こんな具合なので細かく分類できているデータがあったからといって鵜呑みにできない。数値にこだわると物事の本質を見落としてしまう。

見えているようで見えていないこの現実にどのようにアプローチしたらよいのだろうか。ひとつ言えることは、数値探しからギレスンの農家の実態が見えてきたことである。そして、我々の活動は一歩を踏み出した。


参照:

http://ja.wikipedia.org/wiki/地理的表示

http://www.tpe.gov.tr/TurkPatentEnstitusu/geographicalRegisteredList/

ÇKS:Çiftçi Kayıt Sistemi (食料農業畜産省が所管する農家支援登録制度)

2013 YILI FAALİYET RAPORU, 2014 T.C. GİRESUN VALİLİĞİ İLGIDA TARIM VE HAYVANCILIK MÜDÜRLÜĞÜ

トルコ ギレスン A to Z

çiftçi

農家

沿岸部(山間の谷)                                        高原地帯                                                  内陸部