実施中の案件 >バングラデシュ国コミュニティ主体の健康づくりプロジェクト

案件名:バングラデシュ国コミュニティ主体の健康づくりプロジェクト

  • 国名:バングラデシュ人民共和国
  • 発注者:JICA
  • 開始時期・期間:2020年11月から2022年8月
プロジェクトパイロットサイト

バングラデシュ人民共和国(以下バングラデシュ)の妊産婦死亡率は1990年と比較し、出生10万対574から176、5歳未満児死亡率は出生1000対144から41(世銀、2015年)へと飛躍的に改善しているものの、依然高い数値を示しており、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)において2030年までに達成すべき妊産婦死亡率(出生10万対70)及び5歳未満児死亡率(出生1000対25)を実現するためには更なる努力が必要である。これに加え、同国では、食習慣や生活様式の変化、喫煙の増加等により心血管疾患やがんといった非感染性疾患(Non-Communicable Diseases: NCDs)が全死因の59%を占めるまでになっており、また、30歳から70歳までの経済活動が活発な世代における4つの主要なNCDs による死亡は、国民全体に占める全体の18%に及ぶなど、NCDsが同国の保健セクターにおいて新たな課題と認識されている(WHO, 2015年)。

このような背景のもと、コミュニティ住民がNCDsの予防への取り組みを促進することによるサービス裨益者の需要促進と、検査・診断・治療へとつながる医療サービス提供側の体制構築の、両側面での強化が必要となっている。 なお、本プロジェクトは、2017年5月28日にR/Dを署名し、2017年7月29日から支援を開始した。2020年11月までは、JICA直営のプロジェクトであったが、2020年12月から業務実施となり、弊社が単独で受注。下記をプロジェクトの成果とし2022年7月28日までの予定で開始した。

Community health care provider (CHCP) によるNCDスクリーニング検査(血圧測定)

本プロジェクトでは、KP州6県を対象にPHCの重要概念である地域志向型アプローチを基本に、保健医療従事者の技術改善、住民の保健サービスへのアクセスの拡大、啓発活動の強化などを通じ、定期予防接種率の向上を目指している。

  • プロジェクトの成果
  • 1)パイロットサイト(ダッカ市、ノルシンディ県、コックスバザール県)でNCDs(心血管疾患(CVD)及び糖尿病(DM))と妊産婦保健サービスが統合されて提供される。
  • 2)病院サービスの質改善のための病院管理が強化される。
  • 3)NCDs予防活動がパイロットサイトでコミュニティサポートグループ(CSG)との協働によって促進される。
  • 4)プロジェクトの優良事例や教訓が他地域に広がる。

弊社は業務主任、NCD、ヘルスプロモーション、研修監理の4人の専門家が従事している。

 

ページトップに戻る