HOME >実施中の案件

実施中の案件

プライマリヘルスケアにおける定期予防接種システム強化プロジェクト
パキスタン定期予防接種

パキスタン国、開始時期:2019年3月、本プロジェクトでは、KP州6県を対象にPHCの重要概念である地域志向型アプローチを基本に、保健医療従事者の技術改善、住民の保健サービスへのアクセスの拡大、啓発活動の強化などを通じ、定期予防接種率の向上を目指している。

→案件概要を読む

調査分析能力の強化を通じた地方行政研修の質向上プロジェクト

ネパール国、開始時期:2016年1月「地方行政体の人材の能力が、地方開発研修学院(Local Development Training Academy: LDTA)が監修する能力開発研修プログラムヘの参加によって向上すること」を上位目標とし、研修モジュール作成、研修実績のレビュー・アクション・リサーチの実施、研修プロセスを作成、実施、ナレッジシステムの開発、作成などを実施する。

→案件概要を読む

稲作振興支援プロジェクト(農業普及)

アフガニスタン国、開始時期:2017年9月、コメ生産量増加を通じた食料安全保障達成への貢献と国産米の品質向上を目的とし、「稲作振興支援プロジェクト」を2020年5月までの予定で実施している。タックは農業普及の専門家を派遣、アフガニスタン国内でカウンターパートが中心となって実施される展示圃場を通じた稲研究者、普及員、農家の連携による改良稲作技術の普及活動を本邦からインターネット等を活用し支援する。また、イランにおいて、対象地域の普及員に対して必要な技術指導を行う。

→案件概要を読む

研究・人材育成事業へのサポート業務

ベトナム国、開始時:2007年4月、国立国際医療研究センターがベトナム、ハノイのバクマイ病院内に日越医学研究の促進および日越の人材育成のために設置しているMedical Collaboration Center (MCC)、およびAids Clinical Center (ACC)のStudy Unitへのタックハノイのベトナム人スタッフによるサポート業務を実施中。

→案件概要を読む

結核研究に関わる支援業務

ベトナム国、開始時期:2013年5月、厚労省からの委託で公益財団法人結核予防会結核研究所は平成25年度からベトナムにおける結核研究のプロジェクトをベトナムのハノイ肺病院などで実施している。タックはハノイ事務所のベトナム人スタッフを中心に日越研究の促進のため、各種調整業務、文書作成、臨床試料、機材等の輸出入手続きへのサポートを実施中。

→案件概要を読む


 

ページトップに戻る